ミュージアムグッズ

図録 図録

絵葉書 絵葉書

リーフレット リーフレット

複製品 複製品

額装品 額装品

色紙軸・色紙 色紙軸・色紙

屏風 屏風

絵皿 絵皿

筆記具 筆記具

一筆箋 一筆箋

ノート・クロッキー帳 ノート・クロッキー帳

クリアファイル クリアファイル

ファイル ファイル

フレーム フレーム

ネクタイ ネクタイ

タオル・ハンカチ タオル・ハンカチ

ビンズ ビンズ

ストラップ ストラップ

ペンダント ペンダント

根付 根付

バッグ バッグ

香炉 香炉

藝大卒業生作品 藝大卒業生作品

その他 その他

芸大美術館ミュージアムショップ > 図録 > 図録『ふたつのすまい+α展 藤木忠善退官記念』

図録『ふたつのすまい+α展 藤木忠善退官記念』

図録『ふたつのすまい+α展 藤木忠善退官記念』
500円 (税込) 送料別

SOLD OUT

  • 発行年:2001年
  • 頁数:50頁
  • サイズ:182×179mm

1963年に藤木忠善によって建てられた「サニーボックス」は設計者自身の実験住宅である。それは密室的になりがちな都市住宅をいかに開放するかという提案であり、伝統を生かした融通性のある間取り、戸外の居間としてのテラス、屋上庭園を含む3階建て住宅である。この提案は新しいライフスタイルの可能性を示す住宅として多くの反響を呼んだ。 1996年に建てられた同じ設計者による「マウンテンボックス」は自然の中のリトリートである。「サニーボックス」が若く活動的な家族のためであるとすれば、これは、よりよく齢を重ねるための向齢住宅である。アルプスの山小屋のようなミニマムな空間のなかに、「サニーボックス」と同様な融通性を備えつつ、情報発信と生活に必要な空間が凝縮されている。 藤木忠善が発信する多用な生活を可能にする「ふたつのすまい」の展示が、見る人にとって、自分の家族のための「すまい」になりうる住宅とは、どんな家なのかを考える機会になれば幸いである。(図録より)


●目次
ごあいさつ
開催主旨
すまい / サニーボックス1963
藤木忠善の眼 / アルプスの民家1978-79
すまい / マウンテンボックス1996
藤木忠善の眼 /都市・庭園・建築
略年譜
関連文献

Category List