ミュージアムグッズ

図録 図録

絵葉書 絵葉書

リーフレット リーフレット

複製品 複製品

額装品 額装品

色紙軸・色紙 色紙軸・色紙

屏風 屏風

絵皿 絵皿

筆記具 筆記具

一筆箋 一筆箋

ノート・クロッキー帳 ノート・クロッキー帳

クリアファイル クリアファイル

ファイル ファイル

フレーム フレーム

ネクタイ ネクタイ

タオル・ハンカチ タオル・ハンカチ

ビンズ ビンズ

ストラップ ストラップ

ペンダント ペンダント

根付 根付

バッグ バッグ

香炉 香炉

藝大卒業生作品 藝大卒業生作品

その他 その他

芸大美術館ミュージアムショップ > 額装品 > 額装品『悲母観音』狩野芳崖

額装品『悲母観音』狩野芳崖

19,440円 (税込) 送料別

個数

  • サイズ:35×60cm
  • 額の材質:木・アクリル
  • マット付

狩野芳崖 (かのうほうがい 一八二八‐一八八八)
「悲母観音」 (ひぼかんのん)

絹本着彩
原図寸法 195・8×86・1センチ
重要文化財

明治期に伝統絵画の改革を目指したフェノロサと出会い、その実践を担った芳崖の絶筆。彼の実験精神の成果であり、近代日本画の出発点である。弓なりになった空間の中空に観音がふわりと浮かぶ。観音の視線をたどると、右手の水瓶から弧を描いて落ちる雫が、光輪を負って合掌する嬰児に注ぎ、その衣は妙義山に想を得たという蛾々たる山脈へ垂下する。その先は底知れぬ深淵。狩野芳崖は、江戸末期には木挽町狩野家の四天王に数えられる絵師であったが、日本の伝統絵画の改革を図ったフェノロサと出会うことにより、その実践を担うことになる。その成果を示すと見直される、五〇代後半以降の作品では、統一的な明暗表現の意識が芽生、ダイナミックな独自の構図法が認められが、それらはともすれば劇画的で大仰な表現に傾きがちであった。ところが本図においては、そのような幣は払拭され、静けさが画面を支配している。芳崖の門人であった岡不崩「しのぶ草」(日英社、明治四三年)によるなら、芳崖は本図の完成直前にして薨れてしまったこと、顔料の実験をおこなったため、退色して金が浮いて見えることが指摘されているが、それでもなお本図が彼の不屈の努力の到達点であり、近代日本画の出発点を示していることに変わりはない。
1999年 『開館記念 芸大美術館名品展』 図録より

Category List

額装品『婦人像(厨房)』黒田清輝
額装品『婦人像(厨房)』黒田清輝

6210円
額装品『三人姉妹』平山郁夫
額装品『三人姉妹』平山郁夫

6210円
額装品『渓音』東山魁夷
額装品『渓音』東山魁夷

6210円
額装品『径』小倉遊亀
額装品『径』小倉遊亀

6210円
額装品『渡頭の夕暮』和田英作
額装品『渡頭の夕暮』和田英作

6210円
額装品『悲母観音』狩野芳崖
額装品『悲母観音』狩野芳崖

19440円
額装品『序の舞』上村松園
額装品『序の舞』上村松園

19440円
額装品『村童観猿翁』横山大観
額装品『村童観猿翁』横山大観

6210円
額装品『序の舞』上村松園
額装品『序の舞』上村松園

6210円
額装品『悲母観音』狩野芳崖
額装品『悲母観音』狩野芳崖

6210円
額装品『白雲紅樹』橋本雅邦
額装品『白雲紅樹』橋本雅邦

6210円
額装品『銀河祭り』伊東深水
額装品『銀河祭り』伊東深水

6210円